水素水 アレンジ 楽しむ

MENU

水素水を甘く美味しく!

水素水は無味無臭の水ですので、こればかり飲み続けるのは苦になるという方もいますね。そんな時には、ちょっと一工夫して甘くておいしいジュースを作ってみると良いでしょう。

 

水素水ではちみつレモン

コップに移した水素水に、お好みの量のレモン汁と蜂蜜を加えていただきます。レモンは生のレモンを絞った果汁がオススメです。酵素やビタミンもしっかり摂取できるので、さらに美容効果が高まりますね。はちみつにも、栄養がたっぷり含まれているので、同時に色々な美容・健康効果が実感できるというわけです。

 

砂糖を加えても甘く美味しく仕上がりますが、白砂糖は身体を冷やしますし、糖分の摂りすぎは体に良くありません。蜂蜜なら少量でも甘味が強く実感できるので、体調面にも影響しにくいのがうれしいポイントです。

水素水でコーヒーを!

時には水素水を使って、コーヒーを作ってみても良いでしょう。コーヒーはカフェインを含むため、過剰な摂取は良くありませんが、適量であればリラックス効果が実感できます。しかもアルミパウチの水素水は良質な天然水が採用されているので、コーヒーの味を引き立てるのにも最適です。

 

ただし、水素水は煮立てると、水素が逃げてしまいますので、ホットコーヒーには不向きです。温かいものが欲しい時には、アルミパウチごと湯せんしたものに、水でも溶けるタイプのコーヒーの粉末を加えてみると良いでしょう。お好みでミルクやシロップを加えて、甘味を楽しんでも良いですね。

水素水で飲み物を作る際の注意点

水素水では、味をちょい足ししてアレンジ、ということは可能です。ですが、注意すべき点がいくつかあります。まず、水素はとてもデリケートですので、煮立ててしまわないこと。それから、コップに移し替えると水素が逃げてしまうので、できるだけ抜けにくい工夫があるものを選び、激しく混ぜたりしないことですね。

 

アレンジした飲み物を作るのは簡単ではありませんが、その分、慎重に作れば美味しいものが出来上がると考えて、時にはアレンジにチャレンジしてみると良いですね。ただし、毎回甘くしてしまうと太りやすくなりますし、身体にも悪くなるので、あくまでも「時々、気分転換に」という感覚で楽しんでください。

関連ページ

水素水でお料理を!
水素水はお料理に活用しても、味を引き立ててくれる効果が期待できます。少々、贅沢な使用方法ではありますが、余裕があるなら試してみると良いですね。アルミパウチタイプはもったいないという場合は、お料理用に水素水サーバーなどを活用してみるのも1つの方法です。