水素水 デメリット 水素 デリケート

MENU

水素水のデメリット | 水素はデリケート!

水素水はできるだけ効果的に摂取していきたいものですが、これがなかなか、難しいのが現実です。なぜなら、水素という物質はとてもデリケートで、ちょっとしたことで抜けてしまう性質があるからです。そのため、摂取法などにもかなり気を遣わなければなりません。

 

開封後飲みきりが基本!

アルミパウチに充填された水素水は、水素を逃さない工夫があります。そのため、密閉した状態ではしばらくの間、水素を維持することが可能です。ですが、フタを開けると、その瞬間から水素はあっという間に逃げていってしまうのです。

 

つまり、水素水を効果的に飲むためには一気に水を飲み切るのが基本になります。大容量のパウチの場合、この飲みきりが辛いという方が多いですね。少しずつ飲みたい、置いておきたいという方にとって、水素のこのような性質は、ちょっとしたストレスに感じられてしまうかもしれません。

アレンジが難しい!

普通の水なら、コーヒーや紅茶、お料理など、色々なアレンジができますね。アレンジをすることで楽しみの1つとして取り入れることもできるでしょう。

 

ですが、水素水の場合はコップに移した時点で水素が逃げてしまいます。ブクブクと沸騰させてしまうと、ますます水素が抜けてしまい、意味が無くなってしまう可能性もあります。

 

そのため、水素水はアルミパウチからそのまま飲むのが基本中の基本であり、アレンジして楽しむことが難しいのです。また、アルミパウチの容器からそのままだと、アルミの味が気になるという方もいます。こういった点が、水素水の欠点と言えるところですね。

デリケートな水素水を効果的に飲むために

そんなデリケートな水素水を、効果的に摂取していくためには、飲みきれる容量のものを選んだり、水素が抜けにくい工夫のあるものをチョイスすると良いでしょう。

 

ランキングで人気の高いものは、こういった工夫のあるものが多く、例えばビガーブライトなどは開封後でも48時間、水素が抜けないと言われています。こういったタイプなら、ゆっくり楽しむこともでき、デメリットを感じにくいですね。

 

それから、アレンジは難しいものの、水素水は湯せんで温めて飲むことは可能です。冬場には白湯としていただく、水自体が美味しい水素水を選ぶなどの選び方の工夫で、このデメリットは克服できると言えるでしょう。

 

ジュースなどに慣れていると、始めはただの水が美味しくないと感じてしまいがちですが、飲んでいるうちに美味しく感じられるようになってくることもあります。質の良い水素水を選んで、とりあえず、まずは継続してみることが大切ですね。

関連ページ

水素水は価格が高い!
水素水のデメリットとして特に多くの方が感じているのが、価格が高いという点でしょう。確かに水素水は、普通のミネラルウォーターなどに比べるとかなり高額です。そのため、継続しにくいと感じている方もいらっしゃいますね。
継続が必要!
水素水は美容や健康に効果的なものではありますが、飲めばすぐに効果が得られるもの、というわけではありません。その魅力を実感するためには、長く継続していくことが必要です。