水素水 選ぶ 濃度 チェック

MENU

水素の濃度は要チェック!

水素というのは、たくさん摂取しても身体に悪影響がほぼ無い、ということで知られています。そのため、水素水を選ぶ際には濃度が高いものを選んでおいた方が良いのです。濃度の高さは、水素水選びで最も重要なポイントとも言えますね。

 

濃度が高い物なら少量でもしっかり効果!

水素水の中には500mlのものから250mlのものまで、色々な容量のものがあります。水素の特性を知ると、これを一気に飲み干してしまいたいところですが、大容量になればなるほど、一気飲みは厳しくなりますよね。そこで、濃度が高く、しかも容量が適度のものを選ぶと、より効率的に水素を取り込むことができるのです。

 

濃度が濃ければ、水自体の量が少なくても、しっかり体内に水素を取り込んでおくことができます。水分はたっぷり摂取しなければなりませんので、水素水は少なめで高濃度なものを、あとはミネラルウォーターなどで補給、といった方法にすれば、コスパも良くなりますね。

高濃度なほど実感しやすい!

水素の濃度は高くなればなるほど、その抗酸化力を実感しやすくなります。また、高濃度の水素が充填されているというのは、そのメーカーの技術力がどれほど優れているか、を示す指標でもあります。

 

従来、水素というのは水に溶け込ませるのが非常に難しい成分として知られてきました。それを高濃度で溶け込ませるのには、かなりの技術力が必要となるわけです。

 

そんな技術力に優れた信頼のメーカーを選べば、実感しやすいというのも頷けます。水素濃度は、それぞれのパッケージにppmという単位で表示されていますので、この数字ができるだけ大きいものを選んでいくと良いですね。

濃度を維持できる?

水素水の濃度で着目すべきもう1つのポイントが、充填時の濃度をいかに維持できているかという点です。水素は分子が小さいために、どうしても抜けてしまいやすく、消費者の手元に届くまでに濃度が減ってしまうこともあります。これを防ぐための工夫があるかどうか、という点もよく確認しておきましょう。

 

例えば容器。
これにはアルミパウチが使用されていることが必須です。
中には4層構造など、水素を逃さない徹底した工夫のあるものもありますので、こういったものをセレクトすると安心ですね。

 

それから、溶け込ませた水素が抜けにくいような工夫が行われている水素水もあります。ビガーブライトなどは、開封後でも48時間は水素をキープできる優れものなので、上手に活用してみましょう!

関連ページ

継続できるかどうかを確認!
水素水には優れた効果や効能がありますが、これらは継続的に摂取してこそ、実感できることだと言われています。つまり1日や2日で一気に体が変化するということではないのです。そこで重要になってくるのが、継続しやすい水素水であるかどうか、という点ですね。
各メーカーのこだわりをチェック!
水素水ブームとなってから、様々なメーカーから色々な水素水が発売されています。そして、各社、競争に打ち勝つために、色々な工夫のある水素水を開発しているのです。その工夫、こだわりをチェックしながら、水素水選びを楽しんでみましょう!