水素水 活かす 飲み方 注意点

MENU

水素水の飲み方の注意点

水素水は飲み方次第で効果が大きく左右されるものです。では、どのような点に気を付けて飲んでいけば、しっかりと効果を実感できるのでしょうか?特に注意すべき飲み方のポイントがありますので、これを念頭に置いて、利用していきましょう。

 

コップには移さない!

水素水に含まれる水素は、とにかくデリケートです。ペットボトルや瓶などの容器に充填しても、隙間から逃げてしまうということで、これを唯一保つことができると言われるアルミパウチが採用されていますね。それほどデリケートな分子なので、アルミパウチから出してしまえば、当然、水素はあっという間に逃げてしまいます。

 

アルミのニオイが気になるから、コップに移して飲みたい、なんて考える方もいらっしゃるでしょう。ですが、やはり効果を実感できる飲み方という点を考慮すれば、コップに移すのはご法度なのです。ランキングでも人気のメーカーはそれぞれに、飲みやすい容器への工夫もありますので、開封後はそのままアルミパウチに口を付けて飲み干してしまいましょう。

温め過ぎない!

一般的には、液体は温度が低ければ低いほど、気体を溶かしこみやすいという性質があります。つまり温度が上がると、液体の中に溶けにくくなり溢れ出してしまいます。水素の場合も、その可能性はありますので、できれば冷やして飲む方が効果を得られやすいと言えます。

 

ただし、もし冬場など寒い季節には温めることも可能です。この場合、コップに移してレンジでチン、なんて方法はご法度です。もちろん沸騰させても水素が逃げてしまいます。

 

できるだけ揺すらないように注意しながら、湯せんで軽く温めて摂取するのが理想的ですね。

購入後は早めに飲む!

ランキングでも上位の人気水素水は、その多くが容器にも高いこだわりを持っており、デリケートな水素を逃さない工夫が施されています。とはいえ、水素はどうしても小さな分子であるが故に、時間の経過と共に多少は抜けてしまう可能性があるのです。

 

そのため、大量購入して長い間保管していると、全く無意味な水になってしまう恐れがあります。それに、ただの水でも長期間保存すれば劣化するものですよね。

 

新鮮で濃度がしっかりと保たれた水素水を摂取したいのであれば、やはり購入後は、できるだけ早めに飲むことが大切です。開封前であっても、例えば1カ月分をまとめ買いするなら、1カ月の間に飲み切ることを目標にしましょう。品質保持期限などが記載されていますので、よくチェックして計画的に購入することも大切ですね。

関連ページ

開封後にはできるだけ飲み切る!
多くの魅力がある水素水ですが、1つ大きな欠点があります。それは、水素が小さな分子であるために、アッという間に抜けてしまうという点です。できるだけ多くの水素を体に取り入れるためには、開封後すぐに飲み切るということが1つのポイントになります。
飲む量はどの程度?
水素水を飲むことで得られる効果や効能を十分に実感するためには、体が必要とする量を意識して飲んでいくことも重要です。では、具体的には水素水の飲む量は、どの程度を目安にすれば良いのでしょうか?
水素水を飲むタイミング
水素水の効果を最大限に活かすには、飲むタイミングを考えることも大切です。喉が渇いた、と感じた時には、すでに水分が不足している状態だと言われています。そのため、喉が渇く前のタイミングでこまめに水素水を補給していきましょう。