水素水 活かす 飲み方 量

MENU

飲む量はどの程度?

水素水を飲むことで得られる効果や効能を十分に実感するためには、体が必要とする量を意識して飲んでいくことも重要です。では、具体的には水素水の飲む量は、どの程度を目安にすれば良いのでしょうか?

 

水素水の飲む量に上限は無い!

まず、最初に気になるのは「これ以上飲んではいけない」という基準があるかどうか、でしょう。薬などの場合には摂取量が厳しく定められていますし、健康食品であるサプリメントでも、摂取量の目安を守らないと、健康を損なう恐れが出てきます。では水素水にも、そのようなことがあるのでしょうか?

 

実は、これも水素水の嬉しい特徴の1つなのですが、これには過剰摂取による弊害というものがほぼ、無いのです。余分に摂取された水素は排泄されますので、身体に悪影響を与えてしまうようなことはありません。そのため、副作用などの心配もなく、好きなだけ飲むことが可能です。ただし、ただの水でも飲み過ぎれば水中毒などが起こりますから、水素水も限度を超えてガブガブ飲むのは避けましょう。

理想的な摂取量

では、具体的に水素水は、どの程度の量を摂取すれば良いのでしょうか?
基本的にアルミパウチで販売されている商品は、1本あたりの容量が250ml~500ml程度ですね。
これを1日1本、と考える方が多いでしょう。

 

ですが、理想的な摂取量を考えれば、1.5L程度を摂取するのがオススメです。ただし、そうなるとかなりのコストがかかってしまいますね。

 

人の体には1日に1.5~2L程度の水が必要と言われていますので、そのうち500ml程度を水素水で補給し、あとはミネラルウォーターや浄水器の水を摂取しても良いでしょう。

体に合った飲み方を!

理想的な摂取量である1.5Lですが、これは大きめのペットボトル1本分の量です。この量の水素水、あるいは水を1日で一気に飲むというのは、けっこう辛いと感じる人も多いですね。そこで、いきなり大量に飲むのではなく、少しずつ増やしていくように工夫すると良いでしょう。

 

できるだけ午前中に多めに飲んでおくのがオススメです。夜に水分をたくさん摂取するとむくみの原因にもなりますので気を付けましょう。

 

また、身体の機能が低下している時には、水分の過剰摂取はかえって体に負担をかけることになります。身体の状態をよく確認しながら、自分に合った飲み方をしてください。

関連ページ

開封後にはできるだけ飲み切る!
多くの魅力がある水素水ですが、1つ大きな欠点があります。それは、水素が小さな分子であるために、アッという間に抜けてしまうという点です。できるだけ多くの水素を体に取り入れるためには、開封後すぐに飲み切るということが1つのポイントになります。
水素水を飲むタイミング
水素水の効果を最大限に活かすには、飲むタイミングを考えることも大切です。喉が渇いた、と感じた時には、すでに水分が不足している状態だと言われています。そのため、喉が渇く前のタイミングでこまめに水素水を補給していきましょう。
水素水の飲み方の注意点
水素水は飲み方次第で効果が大きく左右されるものです。では、どのような点に気を付けて飲んでいけば、しっかりと効果を実感できるのでしょうか?特に注意すべき飲み方のポイントがありますので、これを念頭に置いて、利用していきましょう。