水素水 効果 活性酸素

MENU

悪玉活性酸素が過剰になる原因

本来は健康の維持、生命の維持のために重要な働きをしているはずの活性酸素。ですが過剰になることで悪玉活性酸素が増え、悪さをし始めます。では、どうして悪玉活性酸素が過剰発生してしまうのでしょうか?その原因を知っておくことで、より対策が行いやすくなりますね。

 

生活習慣が大きな原因!

まず1つ目に注目したいのが生活習慣です。例えばタバコを吸うか吸わないかでも、体内の悪玉活性酸素の量は大きく変わってきます。タバコの煙は体にとって有害なものですので、これを除去しようとするために、体の中で大量の活性酸素が作り出され、過剰になってしまうのです。さらにはタバコの煙自体にも過酸化水素が含まれるため、タバコを吸うだけで、一気に活性酸素の数が増えます。

 

それから、飲酒に関しても同じことが言えます。大量のアルコールを分解するために過剰に作られた活性酸素が、悪玉になるというわけです。さらに、油っこい食事やコレステロールをアップさせてしまうような食生活をしていると、これも代謝する際に多くの活性酸素を発生させるため、食生活にも注意が必要であることが分かります。慢性的な運動不足でも、抗酸化酵素の働きが低下してしまい、活性酸素が増加すると言われています。

 

禁酒・禁煙・健康的な食事・適度な運動が大切というわけですね。

環境が原因に!

悪玉活性酸素は、環境が原因となって発生することもあります。例えば、大気汚染が問題視されていますが、この大気汚染の原因として知られる窒素化合物も活性酸素を増やしてしまうことが分かっています。つまり、空気がキレイな環境で過ごしている方の方が、活性酸素が発生しにくいということですね。

 

また、紫外線も大きな原因となっており、オゾン層破壊により紫外線が強くなっていると言われるため、これが活性酸素増加に関係していると考えることができますね。

最大の原因はストレス!

人の体の中で常に作られている活性酸素ですから、これが増えてしまう原因も多々ありますが、中でも最大の原因であると考えられるのがストレスです。現代人は何かしらのストレスを抱えており、これが大量の悪玉活性酸素を産みだしていると考えることができます。ストレスを感じると、コルチゾルというホルモンが分泌されるのですが、この生成時に活性酸素が発生します。

 

それから健康のためにと、体に合わない激しい運動を行うこともストレスになり、悪玉活性酸素を増やすので注意が必要です。激しい運動をすると筋肉が一時的に血液不足になり、その後、血流が改善した際に大量の活性酸素を発生させてしまうことが分かっています。運動はあくまでも、自分の体に合ったレベルで行うことが重要ですね。

関連ページ

悪玉活性酸素と善玉活性酸素
活性酸素と耳にすると、悪い印象ばかりがイメージされますよね。ですが実は、この活性酸素には悪玉と善玉の2種類があり、人の体には必要不可欠な働きをしているものなのです。むやみに敵視するのではなく、その内容をよく知っておくことが大切ですね。
悪玉活性酸素が増えるとどうなる?
体の中で過剰に発生してしまった悪玉活性酸素。では、これは具体的に、どういった影響をもたらすものなのでしょうか?「体の中で自然に発生するものなら、大した影響はないんじゃないの?」なんて考えていると、大変な目に遭うかもしれません!
悪玉活性酸素を減らす方法は?
体の中で様々な悪さをしてしまう悪玉活性酸素。これを減らしていくことで、美容や健康の面で多大なメリットがあるということは言うまでもありません。では、そんな困った存在である悪玉活性酸素を減らしていくためには、どんな方法があるのでしょうか?