水素水 歯周病 ケア

MENU

水素水で歯周病をケア!

水素水というと、体の内側に働きかけて内臓系の疾患を防いだり、お肌をキレイにしたりといった効果をもたらしてくれるイメージがありますよね。ですがそんな水素水、意外なところでも効果を発揮してくれます。その意外なところというのが、歯茎。なんと水素水は、歯周病のケアにも役立つのです。

 

歯周病の原因

現代日本人の多くは、歯周病に悩まされていると言われています。この歯周病、単なる歯茎の下がりや不快感などと侮ってはいけません。実は歯周病により糖尿病のリスクが高まることなども分かっており、健康維持の観点からも見逃せない部分なのです。

 

そんな歯周病が起こる原因ですが、これは細菌の感染によるものとされています。歯や歯茎の境目部分までしっかりブラッシングできておらず、汚れが溜まると菌が増殖し、炎症を起こしてしまいます。そして赤みや腫れ、出血といった症状を起こし、徐々に歯茎が下がり、ひどくなれば歯を抜かなければならないような事態になるのです。

 

つまり汚れが溜まることによる菌の増殖が原因で発生するお口の病気であり、正しくブラッシングできていないことや、砂糖などの摂取のし過ぎが問題となっています。現代人は特に、いつでも好きな時に食べ物を口に入れられる環境にあるので、細菌が繁殖しやすい環境が整ってしまっていると考えられますね。

水素水が歯周病対策に役立つ理由

水素水がどうして、口の内部で発生する細菌が原因の歯周病に効果を発揮するのか、気になるところでしょう。これは、水素水を摂取することにより血液中の活性酸素が除去され、歯周病が進行しにくくなったということが1つの理由として考えられます。水素水で細菌がやっつけられるというわけではないものの、進行を食い止めるのには役立つということです。

 

さらに水素水で抗酸化力がアップすることにより、歯周病になりやすいタイプの方でも、歯茎が強くなり、予防できる可能性もあるとされています。水素水がもたらす歯周病に対する効果はまだはっきりとは解明されていないものの、実際にラットを使った実験の結果で証明されていますので、試す価値はありそうです。

水素水を習慣にすればプラークが発生しにくくなる!

水素水がお口の健康に良い理由はもう1つ挙げられます。現代人は口にする水分も、ジュースやコーヒーといった味のついたものが多いですね。ですがこれらは口の中で酸を発生させ、歯周病や虫歯を引き起こす原因になってしまいます。

 

そこで、水素水を飲む習慣を身につければ、水素水には砂糖などは含まれないので、お口の中で酸を発生させにくくなるということも考えられます。人はいくらジュースやコーヒーが好きでも、水分の摂取量には限界がありますよね。その水分の大半を水素水で補うことにより、ジュースやコーヒーを飲みたいと感じる機会も減らせるでしょう。

関連ページ

水素水で細胞のがん化が防げる!?
がんは命に関わる病気なので、できる限り予防するための努力をしたいところですよね。水素水は抗がん剤による副作用を軽減する効果が期待できると言われていますが、実はがんにかかる前に、それを予防するのにもひと役買ってくれる可能性があるのです。
水素水は糖尿病の予防やケアにも!
水素水は糖尿病の予防に役立つということで、大きな注目を集めています。今の時代の日本では、生活習慣病の1つである糖尿病を患い、辛い思いをしている人が少なくありません。そんな糖尿病の予防やケアにも役立つ水素水は、今後ますます注目を集める可能性大ですね!
水素水でアレルギーやアトピー改善!?
現代人の多くが悩まされているアレルギーやアトピー。これらに対しても嬉しい作用が期待できると言われているのが水素水です。大人から子供まで悩まされている方が非常に多いアレルギーやアトピーに対して、水素水は一体どのように働きかけてくれるのでしょうか?