水素水 糖尿病 予防 ケア

MENU

水素水は糖尿病の予防やケアにも!

水素水は糖尿病の予防に役立つということで、大きな注目を集めています。飽食とも言われる今の時代の日本では、脂質や糖質の多い食事により、生活習慣病の1つである糖尿病を患い、辛い思いをしている人が少なくありません。そんな糖尿病の予防やケアにも役立つ水素水は、今後ますます注目を集める可能性大ですね!

 

水素水で膵臓の機能をアップ!

まず糖尿病と呼ばれる病気が発症する原因ですが、これはホルモンの一種であるインスリンの分泌量が減ってしまうことが挙げられます。インスリンには血糖値を下げる作用がありますが、この分泌量が減ることで、血糖値が下がりにくい状態が続いてしまうのです。

 

このインスリンというホルモンを分泌しているのは、膵臓という器官です。膵臓にあるβ細胞で作られたインスリンが血液中の糖を回収して、血糖値を正常に保っているのです。ですが、そんな膵臓は活性酸素に弱いという特性を持っており、ストレスなどの原因ですぐに機能が低下してしまいます。

 

そこで役立ってくれるのが、活性酸素の無害化に高い効果を発揮する水素水、というわけなのですね。

水素水で血管を健やかに!

糖尿病の恐ろしいところは、血糖値が高まることで体の中にある様々な血管をボロボロにしてしまうことです。その結果、イロイロな合併症が起こるリスクが出てきます。血管は体の隅々に栄養や新鮮な酸素を届ける重要な役割を果たしているものです。これが傷つくことで、多くの困った症状が起こってしまうのですね。

 

また、この血管は脳や心臓といった部分にもあり、こういったところにトラブルを起こすと致命的な事態になってしまいます。そこで水素水を摂取することにより、血管の糖化現象と言われる症状の過程で起こる悪玉活性酸素を無害化し、合併症のリスクを下げることができるのです。

水素水は糖尿病ケアのサポーター

効果や効能を耳にすると、まるで万能選手のように思えてくる水素水。ですが、好き放題な食生活や体を一切動かさない生活習慣、ストレスばかり感じる毎日の中で、糖尿病を水素水だけで予防したりケアしたりするというのは無理があります。

 

水素水はあくまでも、糖尿病の予防やケアに役立ってくれる心強いサポーターです。食生活や生活習慣の改善と共に、水素水を取り入れる習慣を取り入れることで、糖尿病予防やケアに役立てていきましょう。

関連ページ

水素水で細胞のがん化が防げる!?
がんは命に関わる病気なので、できる限り予防するための努力をしたいところですよね。水素水は抗がん剤による副作用を軽減する効果が期待できると言われていますが、実はがんにかかる前に、それを予防するのにもひと役買ってくれる可能性があるのです。
水素水でアレルギーやアトピー改善!?
現代人の多くが悩まされているアレルギーやアトピー。これらに対しても嬉しい作用が期待できると言われているのが水素水です。大人から子供まで悩まされている方が非常に多いアレルギーやアトピーに対して、水素水は一体どのように働きかけてくれるのでしょうか?
水素水で歯周病をケア!
水素水というと、体の内側に働きかけて内臓系の疾患を防いだり、お肌をキレイにしたりといった効果をもたらしてくれるイメージがありますよね。ですがそんな水素水、意外なところでも効果を発揮してくれます。なんと水素水は、歯周病のケアにも役立つのです。