水素水 メリット デメリット アルミパウチタイプ

MENU

アルミパウチタイプの水素水のメリット・デメリット

水素水と聞いて、多くの方がイメージするのがアルミパウチタイプのものでしょう。1回分の容量がアルミパウチに充填されており、容器のままで飲むというものになります。では、このアルミパウチタイプにはどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

 

アルミパウチタイプのメリット

アルミパウチタイプは、他のタイプに比べると、圧倒的に水素の含有量が多いのが特徴です。水素水の開発を行うプロが設備の整った工場上で丁寧に充填しているため、手元に届くまでにも、しっかりと高濃度な水素が保たれているケースが多いですね。ただし、これはどの商品を選ぶか、によって違ってきますので、濃度の高いものや、水素を逃さない工夫のあるものを厳選して購入する必要があります。

 

さらにアルミパウチは、そのままの容器で摂取することができるため、持ち運びに便利という利点があります。例えばスポーツをする時や旅行の際などにも気軽に持参して楽しめ、空いた容器は使い捨てなので荷物にもなりません。

 

アルミパウチタイプは、コップを用意する必要もないので、気軽に継続しやすいという点も大きな魅力ですね。水素の効果を最も実感しやすいのも、このタイプであると言われています。

アルミパウチタイプのデメリット

魅力がたくさんあるアルミパウチタイプの水素水ですが、残念ながらデメリットと言える面もあります。それは、何と言ってもコストですね。1つ1つが厳重な何層にもなった構造のアルミパウチに充填されているわけですから、どうしてもコストがかかります。

 

価格は商品により異なりますが、平均的には1カ月あたり1万円程度かかってしまいます。これを継続するのは厳しいという方もいらっしゃいます。それから、アルミパウチタイプは容量が多くて飲みきりにくいというタイプも多いので、慎重に選ぶ必要があります。

アルミパウチが選ばれる理由

コストが高いというデメリットはあるものの、それでも水素水の中で特に根強い人気を誇るのがアルミパウチタイプの水素水です。ではなぜ、このアルミパウチタイプがそこまで多くの方に選ばれているのでしょうか?その大きな理由は、やはり効果にあると言えるでしょう。

 

安くても効果が無い水素水では、無駄になるだけですが、高品質なアルミパウチタイプは信頼と実績があり、効果をしっかり実感できるという大きなメリットがあります。コストが高くても、結局はそれだけの価値があるもの、と判断する方が多いのですね。

 

また、水などの品質も優れているので、美味しくいただける、健康効果が高いといった点も、選ばれる理由の1つでしょう。

関連ページ

スティックタイプ
水素水の商品の中には、ペットボトルに水道水を入れて、そこにスティックを入れておけば良いだけの便利なアイテムもあります。では、こちらのタイプではどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?
水素水サーバー
ウォーターサーバーもリーズナブルにレンタルできるような時代となり、一般的な家庭でも多く見られるようになりました。そんなウォーターサーバーでは、最近では水素水がいつでも飲める、というタイプのものも登場してきています。それが水素水サーバーですね。
水素水サプリ
水素はこれをサプリで摂取するという方法もあります。これは水素を凝縮し、固体化したものになります。ゼオライトやサンゴカルシウムなどを用いて、固体化して錠剤やカプセルにしているタイプで、これで水素を摂取できるというのは不思議な感じがしますね。