水素水 メリット デメリット 水素水サーバー

MENU

水素水サーバーのメリット・デメリット

ウォーターサーバーもかなりリーズナブルにレンタルできるような時代となり、今では富裕層だけでなく、一般的な家庭でも多く見られるようになりました。そんなウォーターサーバーでは、天然水やRO水が飲めるというものが大半でしたが、最近では水素水がいつでも飲める、というタイプのものも登場してきています。
それが水素水サーバーですね。

 

水素水サーバーのメリット

水素水サーバーの大きなメリットは、コストが比較的、リーズナブルであるという点ですね。水素水サーバーにもレンタルと購入の2つの方法がありますので、予算に合わせて継続しやすい方を選ぶと良いでしょう。

 

また、水素水サーバーはメンテナンスが不要であったり、カートリッジ等の消耗品が発生しないタイプのものもあります。維持するのも楽で、常に健康に良い水素水を気軽に摂取できるというのが大きなメリットです。ゴミも少なく済むので、管理が楽ですね。また、水専門のサーバーですから、水の質という点でも安心感があります。

水素水サーバーのデメリット

水素水サーバーのデメリットとして、特に大きいのは、やはり水素の濃度があまり高くないという点でしょう。アルミパウチタイプなら充填時、1.6ppmという高レベルな濃度で配合されているものが多いですが、水素水サーバーでの充填方法では、0.5ppm程度が限度と言われています。

 

水素水の効果は濃度により左右されると言われますので、実感しにくいと感じられるかもしれませんね。また、購入する場合には比較的、価格が高く、決して気軽とは言えないのも大きなデメリットです。場所も取ってしまいますので、設置が難しいという家庭もあるでしょう。

水素水サーバーを利用するなら?

水素水サーバーは、長く利用する、という視点で考えればレンタルよりも購入の方がオトクであると言われています。ですが、まとまったコストが必要になる物ですので、購入する際には特に注意が必要です。

 

例えば、水素を溶け込ませる技術には2種類あり、マグネシウム反応方式と電気分解方式があります。このうち、マグネシウム反応方式のものは高濃度の水素を溶け込ませることが困難であると言われ、また、温水や冷水にする過程でほとんどが抜けてしまう恐れがあります。

 

そのため、できるだけ電気分解方式のものを選ぶことが大切です。また、水道水を使用できるものはコストが安く済みますが、水道水を使用すると濾過の過程で水素濃度が落ちてしまいます。これらの点をよく考慮しながら、水道水は使用せず、電気分解方式で、できるだけ高濃度な水素水を作れるものを選びましょう。

関連ページ

アルミパウチタイプ
水素水と聞いて、多くの方がイメージするのがアルミパウチタイプのものでしょう。 1回分の容量がアルミパウチに充填されており、容器のままで飲むというものになります。 では、このアルミパウチタイプにはどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?
スティックタイプ
水素水の商品の中には、ペットボトルに水道水を入れて、そこにスティックを入れておけば良いだけの便利なアイテムもあります。では、こちらのタイプではどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?
水素水サプリ
水素はこれをサプリで摂取するという方法もあります。これは水素を凝縮し、固体化したものになります。ゼオライトやサンゴカルシウムなどを用いて、固体化して錠剤やカプセルにしているタイプで、これで水素を摂取できるというのは不思議な感じがしますね。