水素水 メリット デメリット 水素水サプリ

MENU

水素水サプリのメリット・デメリット

水素と言えば溶け込ませた水を飲む、という方法が一般的ですが、実はこれをサプリで摂取するという方法もあります。これは水素を凝縮し、固体化したものになります。ゼオライトやサンゴカルシウムなどを用いて、固体化して錠剤やカプセルにしているタイプで、これで水素を摂取できるというのは不思議な感じがしますね。

 

水素サプリのメリット

水素サプリの最大のメリットは、気軽に摂取できるという点でしょう。水素水の場合は大量の水を飲むのが負担に感じられる人もいますし、体が冷えてしまうのが辛い方もいます。ですが、水素サプリなら錠剤を数錠摂取するだけなので、特にそういった負担を感じることもなく、喉が乾いていない時でも摂取しやすいですね。

 

それと、水素サプリは水素水と同じように副作用が無く、安全性の高いサプリとして摂取していくことができます。また、サプリである利点として、水素以外の成分も摂取できるという魅力があります。カルシウムなどミネラルもたっぷり配合されたものが多く、美と健康に活かしやすいですね。

水素サプリのデメリット

気軽に摂取できるという大きなメリットがある反面、水素サプリでは高濃度の水素の摂取が難しいというデメリットもあります。サプリから発生する水素の量は、水素水に換算すると11,000分の1と言われているのです。そのため、実感のしやすさという点で考慮すれば、やはり水素水そのものを飲んだ方が効果的であると考えることができます。

 

また、水素サプリは決して安いものではなく、それなりに高品質で効果が期待できるものならば、1カ月あたりのコストが1万円程度になるものもあります。つまり、水素水と変わらないくらいのコストがかかってしまうということになります。飲みやすいという利点はあるものの、継続のしやすさ、という点では劣ると言えますね。

水素サプリはこんな時に!

水素サプリは、水素水をガブガブ飲むのが辛いという方にオススメです。水を飲むことが苦手な方は、水素サプリで気軽に水素を摂取してみましょう。また、普段の生活でミネラルが不足しているという方、イライラしてしまうという方は、カルシウムなどミネラル豊富な水素サプリが効果的ですね。

 

それから、旅行などで長期間出かける予定があり、水素水を持参するのが荷物になるという場合にも、サプリなら気軽で便利です。また、春夏の喉が渇く季節は水素水、冬場の冷える季節は水素サプリ、といった使い分けをしてみるのも1つの方法ですね。

関連ページ

アルミパウチタイプ
水素水と聞いて、多くの方がイメージするのがアルミパウチタイプのものでしょう。 1回分の容量がアルミパウチに充填されており、容器のままで飲むというものになります。 では、このアルミパウチタイプにはどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?
スティックタイプ
水素水の商品の中には、ペットボトルに水道水を入れて、そこにスティックを入れておけば良いだけの便利なアイテムもあります。では、こちらのタイプではどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?
水素水サーバー
ウォーターサーバーもリーズナブルにレンタルできるような時代となり、一般的な家庭でも多く見られるようになりました。そんなウォーターサーバーでは、最近では水素水がいつでも飲める、というタイプのものも登場してきています。それが水素水サーバーですね。