水素水 メリット デメリット スティックタイプ

MENU

スティックタイプの水素水のメリット・デメリット

水素水の商品の中には、ペットボトルに水道水を入れて、そこにスティックを入れておけば良いだけの便利なアイテムもあります。では、こちらのタイプではどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

 

スティックタイプのメリット

スティックタイプのものは、価格が2,000円~3,000円程度で購入できるものが多く、しかも繰り返し使用できるので半年ほど使うことができます。つまり、1カ月あたりのコストは500円程度で済み、かなりお財布に優しく、気軽に水素水習慣が身につくというのが大きな魅力です。

 

しかも使用する水は水道水でもOKで、水とスティックを手持ちのペットボトルなどに入れるだけで、水素が発生します。そのままごくごく飲めるので、毎日たっぷりの水素水を摂取したいと考える方には大変便利です。アルミパウチタイプは高額過ぎて続けるのが厳しい、まずは気軽なものから試してみたいという方にはピッタリな商品ですね。

スティックタイプのデメリット

スティックタイプは気軽で便利というメリットがあるものの、デメリットと言える面もあります。まず、水に含ませることができる水素の量に限度があるということです。

 

どうしても、アルミパウチの物のように高濃度の水素を含ませることができませんので、効果も実感しにくい可能性があります。中には、「スティックタイプでは水素を摂取できない」という声もあり、実際に効果があるかどうか疑問を感じる方もいらっしゃいます。

 

それから、スティックタイプで使用するのは水道水などの水なので、天然水を用いたタイプの水素水のような、豊富なミネラルによる健康効果は実感しにくいですね。あとは、スティックタイプはメンテナンスを正しく行う必要があります。これができていないと半年間、持たないことも多く、衛生面でも不安が大きくなります。メンテナンスが面倒と感じる方も多いでしょう。

スティックタイプはこんな人向け!

アルミパウチに比べると、水素がもたらす効果・効能という面では劣る部分があるスティックタイプ。ですが、これが向いている人も、もちろんいます。まずはお金をかけられない、かけたくない人ですね。それから、水ダイエットなどで、毎日水を1.5~2Lを目安に飲んでいる人にも理想的です。

 

水を飲むダイエットで、水道水をガブガブ飲むのは体に良くありませんし、ミネラルウォーターの購入にはお金がかかります。ゴミもたくさん出てしまいますね。そこでスティックタイプの水素水を使って、毎日の水ダイエットをすれば、ペットボトルを繰り返し使用すればゴミが出ませんし、水道水ならお金もかかりません。

 

それに、ただの水を飲むよりも美容や健康の面で高い効果が期待できる、という大きなメリットがあります。高級なアルミパウチを1.5~2Lも飲むのは厳しいかもしれませんが、スティックタイプなら、そんな方法も気軽に実践できますね!

関連ページ

アルミパウチタイプ
水素水と聞いて、多くの方がイメージするのがアルミパウチタイプのものでしょう。 1回分の容量がアルミパウチに充填されており、容器のままで飲むというものになります。 では、このアルミパウチタイプにはどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?
水素水サーバー
ウォーターサーバーもリーズナブルにレンタルできるような時代となり、一般的な家庭でも多く見られるようになりました。そんなウォーターサーバーでは、最近では水素水がいつでも飲める、というタイプのものも登場してきています。それが水素水サーバーですね。
水素水サプリ
水素はこれをサプリで摂取するという方法もあります。これは水素を凝縮し、固体化したものになります。ゼオライトやサンゴカルシウムなどを用いて、固体化して錠剤やカプセルにしているタイプで、これで水素を摂取できるというのは不思議な感じがしますね。