水素水 長期保存 しない

MENU

水素水を取り入れる際の注意点 | 長期保存はしないこと!

一般的に、ペットボトルなどの容器に入れられて販売されるミネラルウォーターのようなものは、長期保存が可能で災害時の備えなどにも良いとされていますよね。そのイメージで、アルミパウチに入った水素水は一見、長い期間の保存にも耐えてくれそうに思える方もいらっしゃるでしょう。ですが、実はこれは大きな間違いなのです。

 

保存はできても意味が無くなる!

水素水は、水としての保存であれば、アルミパウチで厳重に梱包されているため品質を維持しやすいと考えられます。ですが、「水素水」として摂取していきたいのであれば、いくらアルミパウチであっても水素を長期にわたって維持することが難しいのです。そのため、水素が抜けてしまう前の新鮮な状態で飲んでしまうのが望ましい方法であると言えます。

 

災害時の備えの備蓄水として利用するタイプの水ではありませんので、美容や健康に活かすためにも、購入後1カ月以内に飲みきってしまいたいですね。中にはアルミパウチや充填方法の工夫などにより、3カ月程度、水素を維持できるものもありますが、理想的なのは「早めに飲みきること」です。
開封後の保存は厳禁!
水素水の飲み方のコツとして、

  • 開封したらすぐに口をつける
  • 一気に飲み干すのがベスト

ということが言えます。

 

これは、開封した口から一気に抜け出してしまう水素をできるだけ、逃さず取り込むためのコツです。アルミパウチタイプの場合は、そのまま口をつけてのむからこそ、水素を逃しにくくなるというメリットがあります。

 

ですが、開封後にペットボトルの飲料のような感覚で保存していると、いくらフタを閉めていたとしても、水素はどんどん抜けていってしまいます。それに、口を直接つけて飲んでいるために雑菌も繁殖しやすくなり、衛生面でも良くありません。

 

これらの理由から、開封後は長い間放置することなく、できる限り一気に飲み干してしまった方が良いと言えますね。

購入の仕方から気を付けること!

長期保存には不向きな水素水。これを短期間でしっかり消費してしまうためには、購入の仕方から気を付けていくことが重要です。

 

  • まとめ買いはほどほどに!・・・割安だからとまとめ買いをしすぎることで、かえって飲みきれずにムダにする可能性が出てきます。
  • 飲みきれる容量を選ぶ!・・・500mlのものが一般的ですが、これがキツイ場合は250mlの飲みきりサイズなどもあるのでチェックしてみましょう。

 

お得に購入できる方法で、しかも鮮度を保つことができる方法としては、定期コースが挙げられます。注文の手間なども省けますので、まとめ買いよりも定期コースを選ぶのがおすすめですね。

関連ページ

頼り過ぎてもダメ!
確かに様々な面で優れた効果を発揮する水素水ではありますが、だからと言って、どんな症状でも治してしまう魔法のお薬ではありません。「水素水を飲んでいるから大丈夫」と安心して頼り切ってしまうことのないように注意しましょう。
体を冷やさないように!
水素水は水ですから、飲み方によっては女性の大敵である「体の冷え」をもたらしてしまう恐れがあります。冷えは万病の元と言われますし、美容面でも悪影響が多数ありますね。そんな冷えに悩まされないよう、水素水の取り入れ方にも注意していきましょう。
好転反応に注意!
水素水は美容や健康に役立つ効果が期待できるものですが、実際に飲んでみると、思わぬ不調をもたらしてしまうこともあります。実はこれ、「好転反応」と呼ばれるものなのです。何らかの不調が感じられたら、冷静に対処することが大切です。