水素水 注意点 頼り過ぎ

MENU

水素水を取り入れる際の注意点 | 頼り過ぎてもダメ!

水素水の効果や効能をチェックしていると、まるで美容と健康の万能薬のようなイメージを持ってしまう方もいらっしゃるでしょう。確かに様々な面で優れた効果を発揮する水素水ではありますが、だからと言って、どんな症状でも治してしまう魔法のお薬ではありません。「水素水を飲んでいるから大丈夫」と安心して頼り切ってしまうことのないように注意しましょう。

 

食事も大切!

水素水に含まれているのは、その水由来のミネラルと水素などですね。ここには肉や魚のような豊富なたんぱく質や、野菜や果物に含まれるビタミン類は無く、これらを摂取するためには、やはり栄養バランスのとれた食事を摂取することが必要になります。いくら水素水を飲んでいても、栄養が偏っていれば当然、美容面でも健康面でも悪影響が出てきます。

 

特にダイエット中などは、水素水さえ飲めば痩せられるということはあり得ません。水素水はダイエットのサポーターになってはくれますが、摂るべき栄養をきちんと摂っていないと、代謝は低下し、結果的に太りやすい体質になってしまう恐れもあるのです。

 

水素水を生活習慣に取り入れても、栄養はしっかり摂取していくよう、食生活に気を付けていきましょう。

運動と共に取り入れて!

水素水がもたらしてくれる嬉しい効果の中でも、特に大きいのがデトックス効果です。ですが、何もせずに水素水だけを飲んでデトックスを図るというのは、簡単ではありません。ある程度は尿などと共に排泄され、体内の老廃物が除去されますが、この効果をより高めるためには、努力も必要です。

 

  • 運動
  • 入浴
  • 体を温める

 

これらの働きかけをすれば、血行が良くなり代謝が促進されて、老廃物をより効率的に排出しやすくなります。汗をかくことで、尿だけでなく汗からもすっきりデトックスができるので、スムーズに体の中をお掃除できるというわけですね。

 

また、適度な運動と共に取り入れる水素水は、特に疲労回復などの効果が実感しやすく、メリットも大きいものです。ダイエットや健康のためにも、水素水習慣と共に運動習慣を始めてみましょう。

病気は治りません!

水素水は何にでも嬉しい効果が期待できる水だからと、病気の治療目的で利用する方もいるかもしれません。ですが、病気には、その症状に対して有効なお薬を処方してもらったり、治療を受けていくことが必要です。水素水を飲んだからと言って、どんな病気も完治してしまうようなことはないのです。

 

持病がある方などの場合には、水素水を取り入れる際にも、主治医とよく相談しておくことが大切です。中には水分摂取を控えなければならない病の方もいらっしゃいますので、そのような方が無理に水素水を飲むと、かえって症状を悪化させてしまうリスクもあります。

関連ページ

長期保存はしないこと!
一般的に、ミネラルウォーターのようなものは、長期保存が可能で災害時の備えなどにも良いとされていますよね。そのイメージで、アルミパウチに入った水素水は一見、長い期間の保存にも耐えてくれそうに思える方もいらっしゃるでしょう。ですが、実はこれは大きな間違いなのです。
体を冷やさないように!
水素水は水ですから、飲み方によっては女性の大敵である「体の冷え」をもたらしてしまう恐れがあります。冷えは万病の元と言われますし、美容面でも悪影響が多数ありますね。そんな冷えに悩まされないよう、水素水の取り入れ方にも注意していきましょう。
好転反応に注意!
水素水は美容や健康に役立つ効果が期待できるものですが、実際に飲んでみると、思わぬ不調をもたらしてしまうこともあります。実はこれ、「好転反応」と呼ばれるものなのです。何らかの不調が感じられたら、冷静に対処することが大切です。